ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ
  • ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • 電話相談
  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ

子供の将来に備えたい

子供の将来に備えたい

お子さまが誕生すると、日々の成長を感じることができ、将来にさまざまな期待が膨らみます。一方で親御さまは、お子さまの教育費を考えなくてはいけなくなります。

知っておきたい、幼稚園〜大学までの総教育費※1

一般的に幼稚園~大学までの教育費は以下のように考えられています。
お子さまの人数や国公立か私立かの進路によっても必要な金額は変わりますが、お子さまの将来のためにも、計画的な準備が早めに必要です。

幼稚園(3年間)

小学校(6年間)

中学校(3年間)

高等学校(3年間)

大学(4年間)

合計

公立

約63万

約192万

約144万

約122万

約242万※2

約763万円

私立

約149万

約921万

約401万

約297万

約385万※3(文系)

約2,153万円

約521万※3(理系)

約2,289万円

約2,245万※3
(医歯科6年間)

約4,013万円

※1総教育費は学校種別に学習費総額の合計を算出の上公立、私立別層御額を合計したものです。高等学校までは、学校外活動費(塾家庭教師、その他習い事)を含みます。
※2公立大学
大学により授業料、入学料が異なる場合があります。また別途施設設置費等が必要な場合もあります。
参考
文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令(2015年3月現在)」とり、2~4年度の費用の合計から入学料を除いた額と仮定
※3私立大学
この他にも「実験実習科」等の費用がかかる場合があります。私立大学学部昼間部の値です。
参考
文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生寄付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」より算出、2~6年度の費用の合計から入学料を除いた額と仮定

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ

お子さまの教育費への備え方

前述のように幼稚園~大学卒業までにかかる総教育費は教育方針・進学先によって約763万~約4013万と幅があります。
こうした教育費に対して親御さま(ご契約者)に万が一のことがあっても、予定していた金額を用意することができるのが「学資保険」です。
お子さまの為に口座を作り預貯金で対応されることも一つの備え方ですが、積み立ての途中で親御さまに万が一のことが起こった場合、その後の積み立てが難しくなり、目標額に届かない懸念が生じます。
一方、学資保険は契約された親御さまが亡くなられたり、不慮の事故などで所定の身体障害状態や高度障害状態になってしまったときは、事故以後の保険料の払い込みは免除になる特則があり、万が一の場合でも目標額を100%受け取ることができるため、確実に教育資金を準備することが可能です。

ご家族に万が一のことがあった場合の預貯金と学資保険メリット・デメリット

預貯金

メリット

金額をいつでも調整できる。
口座解約しても、預金が減ることはない。

デメリット

預貯金では積み立てを続けなければ、目標額に達しません。万が一の際は、そこまでの預金額しかお子さまに用意できません。

教育資金の目標額

学資保険

メリット

万が一の場合、以降の保険料払い込みが免除され、契約時の満期学資金を満期時に受け取ることができます。(保険料払込免除特則を付加した場合)

デメリット

学資保険の場合途中で解約をしてしまうと、払い込んだ保険料よりも解約払戻金の方が少ない額となってしまうこともあります。保険は長い期間保険料を支払い続ける必要があるため、将来にわたって払い込み続けられる保険料の設定が必要です。

教育資金の目標額
資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ

学資保険以外で必要な保険は?

お子さまの将来や万が一のことを考えると教育費用以外にも備えなくてはいけません。
例えば、その後の生活費や、お子さまのケガ・病気への備えです。

1)万が一の際の生活費

親御さまに万が一が起きた場合は、お子様には教育費用だけでは足りません。
お子さまや配偶者の方が安心して暮らしていくための万が一の際の生活費、住居費などの検討も必要になります。
万が一の場合に備えたいコンテンツへ >

万が一の際の生活費

2)お子さまのケガ・病気への備え

お子さまのケガなどへの備えも必要
健やかに成長されたお子さまでも、スポーツや自転車での転倒などで骨折をしたり、急な病気などもあります。
どうしてもお子さまにはケガや病気の心配がつきものです。さらに、お子さまが入院すると、看護や付き添いで親御さまが仕事をお休みするなど、思いもよらない収入ダウンの可能性もあります。そんなときのために、医療保険で備えておくと安心です。

お子さまのケガ・病気への備え

3)高額賠償への備え

近年子供(小学5年生)の自転車事故での9,521万円(神戸地方裁判所、2013年7月判決)という高額賠償事例などが報告されており、こうした事故への備えとして個人賠償責任保険が注目されています。
自転車事故以外にも、誤ってお友達にケガをさせてしまった、第三者の自動車を誤って傷つけてしまったり、店舗の商品を誤って壊してしまった場合などの事故へ備えておくと安心です。

高額賠償への備え

詳しく検討したい方はこちら

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ
ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00 ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00