ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ
  • ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • 電話相談
  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ

ガンに備えたい

ガンに備えたい

 

・がんの治療費ってどれ位かかるの?
・がんの治療法ってどういうものがあるの?
・先進医療って最近よく聞くけど・・・
・治療期間ってどれ位かかるの?
・がんになると仕事は続けられるの?
・セカンドオピニオンってなに?

 

がんが心配という方にお話を聞くと、上記のようなお問合せをよくいただきます。

 

がんの統計データ

 

一生のうちにがんと診断される人の割合
男性62.7% 女性46.6%
ステージⅠで発見された場合の5年相対生存率92.8%

 

著名人、芸能人で罹患した、亡くなったなどの報道が毎日のようにある病気です。不安に思われている方も多いと思います。
がんは、日本人の死因のトップで、その割合は約3割になっています。将来的には2人に1人ががんで死亡すると予想されています。現在300万人いるがん患者が540万人程度まで急増するとのデータもあります。

 

また一生のうちに、がんと診断される人の割合はおおよそ2人に1人といわれており、日本人にとって非常に身近で、深刻な病気のひとつとなっています。

 

ただし、医療技術の進歩にともなって、現在は早期発見・早期治療を行うことができれば、がんは治せる時代になっています。
がんの治療は、再発予防の治療や経過観察を含めると長期間に及びその分のお金もかかります。治療法の選択肢を狭めず、治療に専念するためにも、しっかりとした経済的な備えの検討が必要です。

 

今は、健康保険適用外の自由診療や先進医療もあり、それぞれのがんに合った最善治療を受けることができます。
ただ、お金がかかるから治療が受けられないということがないように準備を検討しましょう。

 

がんは治療費のお金もかかりますが、もう一つ考慮しておかなければならないことがあります。
それは、ガン診断後の働き方や収入の変化です。

 

3人に1人は働く世代の20~64歳でがんにかかっている時代です。


ある統計ではガン診断時に働いていた方の約1/4が退職し、診断後も同じ職場の同じ部署に勤務していた方は約55%でした。おおよそ半分程度は異動を余儀なくされている実態とのことです。

 

また収入に関しても個人収入・世帯収入ともに、半数近くが減ったとのことです。

 

それは治療のために、退職や部署の異動、働き方の変更(正社員からパートやアルバイトへの変更など)を余儀なくされる場合が多いことを示しています。

 

子供の教育費や住宅ローンなど、毎月決まった支出がある方は特に、収入が減ってしまった時の資金準備も検討しておく必要があります。

 

がんになると支出が増えて収入は減るというダブルパンチ状態になる可能性があることを示しています。

 

がんという言葉はその語感もあり、とても不安な印象があります。


私達は保険診療所は最新で正確な情報をお客様に提供し、正しい準備していただくことで少しでもお客様の不安を和らげることが出来るお手伝いをしています。

 

詳しく検討したい方はこちら

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ
ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00 ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00