横浜で保険の相談ができる保険の窓口・保険診療所。インターネットでお申込みができる保険も。無料相談もできるので安心。

  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ
  • ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • 電話相談
  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ

学資保険

学資保険

 主にお子様の大学進学資金、高校進学資金を親に保障を付けながら貯めるための保険です。預貯金のように積み立てていくのが一般的です。


学資保険がある意味とは?

 例えばお子様の大学資金を貯めていくとして、月々15,000円を積み立てていくと、18年間で3,240,000円が貯まります。何事もなければ利息が低いとはいえ貯まります。ただ、もし3歳の時に父親が亡くなってしまったら・・・
 積立では3年間で540,000円しか貯まっていません。しかも父親がいなくなってしまったのですから、そこからも同じように積み立てていくのは難易度が高いのではないでしょうか。学資保険というのは満期まで無事であれば決まった満期金額が支払われますが、契約者に万が一があった時にはその後の保険料払込が免除されて、最初に決めた満期金額が大学入学時に支払われるというものです。


万が一があった時も無事に過ごした場合も必要

 「大学入学資金」は親が無事に過ごした場合も、途中で万が一があった場合にも必ず必要になるものなので、どちらにしても資金を確実に準備できるのが「学資保険」なので、長い間広く支持されてきたのではないでしょうか。


学資保険の形

各社色々な商品を出しています。
・高校3年時や中学3年時に一括で満期を受け取れるもの。
・高校3年時だけでなく、小学校・中学校・高校入学時に一時金が受け取れるもの。
・高校3年時に一時金、その後毎年一時金が大学卒業まで受け取れるもの。
上記は代表的な形を記載しました。その他にもありますので自分たちの希望に合ったものが良いと思います。納得してから保険料を払い続けたい方はご相談いただくのも良い方法です。


学資保険のメリット

・契約者に万が一があっても当初の目標額が受取れる。


学資保険のデメリット

・保険なので途中解約の場合はマイナスになる。
・預貯金もそうですが今は利率が低い。
・万が一の場合、満期前に教育資金が必要になった時に解約するしかない。


現在選ばれることの多い商品

現在は親の保障を得ながら貯める性質をもった、終身保険・養老保険や同じ保険のドル建て商品の方が利率が良いので人気があります。ただ、為替の影響はありますのでマイナスになる可能性もあります。

自分たちの要望に近いものを選択するのが一番なので、それぞれの特徴等を説明させていただきますので迷ったらご相談いただければと思います。


預貯金税金

・預貯金はプラス部分が分離課税の対象になります。(20.315%)
50万円プラスの場合、101,575円が税金。


保険満期時の税金

・一時所得になります。(契約者と受取人が同一の場合)
50万円プラスの場合。
(50万円 ― 特別控除50万円)× 50% = 0円
(その年度に他に一時所得金額がなかった場合)(プラス分は合算になります)

詳しく検討したい方はこちら

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ
ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00 ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00