ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

お問合せ 0120-633-122
ご契約者さまお問合せ 0800-800-8824
セカンドライフTOP
セカンドライフSP

 

セカンドライフの生活費は、どのくらい必要なの?

セカンドライフのお金

平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳*例えば、60歳で退職後、25年分の生活費を考えた場合、平均寿命を考え夫婦2人のゆとりあるセカンドライフ資金は
月額34.9万円が必要
さらに生涯では4,080万円必要です。

セカンドライフのお金

平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳*例えば、60歳で退職後、25年分の生活費を考えた場合、平均寿命を考え夫婦2人のゆとりあるセカンドライフ資金は
月額34.9万円が必要
さらに生涯では4,080万円必要です。

セカンドライフに必要な生活費

 

あくまで不足分の目安です。
お客様のライフプランによっては、不足分も異なります

 

資産の取り崩しを出来るだけ避け、不足分を補うためにはどうしたらよいでしょうか・・・。

 

\セカンドライフについて一緒に考えてみませんか?/


 

病気への備えや、介護が必要になった時の備え

60歳以上になると様々な疾病にかかる可能性があり、特に気になるのが、介護状態になってしまうような病気です。

 

介護が必要になった原因介護

*1参照 平成28年版高齢社会白書(全体版)
65歳以上の要介護者等の性別にみた介護が必要となった主な原因

 

介護となった場合、家族に対する肉体的・精神的負担に対する不安に加え下記のような経済的負担が考えられます。

 

介護費用例*2

自宅での介護 民間の住宅 公的な施設 民間の施設
一時金 80万3000円 月額賃料2カ月 不要 3000万円~
月額費用 7.9万円~ 13万~ 5万~22万 16万5000円

*2参照 公益財団法人生命保険文化センター 平成27年度生命保険に関する全国実施調査

 

 

\ 介護や病気の備えについて一緒に考えてみませんか? /


 

今のままで大丈夫?今後の相続問題が気になっている

3世代

ご自身の相続やご両親の相続については中高年になると、発生する問題です。
さらに相続税制の改正によって納税が必要な家庭がなんと約2倍に・・
妻と子ども2人のケースで基礎控除額4,800万円を超える財産価額に対して相続税が課されます。

3世代

ご自身の相続やご両親の相続については中高年になると、発生する問題です。
さらに相続税制の改正によって納税が必要な家庭がなんと約2倍に・・
妻と子ども2人のケースで基礎控除額4,800万円を超える財産価額に対して相続税が課されます。

相続税制改正対象世帯が2倍に

相続財産の種類

相続財産の種類で最も多いものが土地で約42%です。
土地は、2位の現金・預貯金等と違い分けにくく、親族間で揉める原因となります。
被相続人の生前には円満だった家族でも遺産分割によって家族内で紛争が起きてしまうことも少なくありません。


相続財産の種類

相続財産の種類で最も多いものが土地で約42%です。
土地は、2位の現金・預貯金等と違い分けにくく、親族間で揉める原因となります。
被相続人の生前には円満だった家族でも遺産分割によって家族内で紛争が起きてしまうことも少なくありません。


 

「分けやすい遺産」が家族円満な相続につながります。

 

\ 円満な相続ついて一緒に考えてみませんか? /