ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ
  • ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • 電話相談
  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ

自動車保険を見直したい

 

なぜ自動車保険が必要なのか・・・

 

人によって様々な理由があると思いますが、一般的には下記となります。

 

・車を運転して他人を死傷させてしまったら・・・
・「(相手のまたは自分の)車や所有物を壊してしまった」
・「ケガをしてしまった」

 

自動車保険の最大の加入目的は人生が破綻するかもしれない大きな事故に補償してくれることにあります。

 

その中でも最も必要となるのは対人賠償、対物賠償という他人の体や物に対する補償です。場合によっては非常に高額な補償金額が必要となるケースがあります。

 

相手側への補償

 

対人賠償:
自動車事故で車の搭乗者や歩行者などの「他人」にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合にその相手方の治療費などを補償するものです。
働き盛りの一家の大黒柱を死傷させてしまった場合、その賠償金額は高額になるケースがあります。治療費などに加えて、休業補償もしなければなりません。
それより大きくなるのが、相手が亡くなってしまったケースや重大な後遺障害が残ってしまった場合の補償です。場合によっては1億円、2億円の高額な賠償金になるケースもあります。

 

対物賠償:
事故で「他人の物」に損害を与えた場合にその物についての修理代などを補償するものです。対物でも相手の車が高級車であった場合には数千万円の請求が来ることもあります。
また、運送トラックと衝突して、そのトラックが1台1億円もする精密機械を積んでいた場合にも、高額の請求が来ることがあります。

 

自分側の補償


人身傷害:
これは車の運転者と同乗者が事故に遭って死傷した場合の補償です。自分や家族または友人などがケガをしたケースで、治療費や休業補償などの実費を補償の対象となります。
また、万一亡くなってしまった場合には逸失利益(その人が健康で働いていたら稼げたであろう収入)も補償の対象となります。友人や知人に大ケガをさせてしまった場合を想定して、人身傷害補償も検討する必要があります。

 

車両:
車同士の事故や車以外の物との事故(単独事故)についても補償(一般)場合と補償の対象を「原則として」車対車の事故に限定すること(エコノミー)の2種類があります。

 

その他


個人賠償:
自転車で相手にケガをさせた、他人のものを壊した。自転車事故での高額賠償のケースが増えています。9000万円を超えるケースも。

 

弁護士費用:
被害者の過失割合が0のケース(無過失)、被害者が自分で示談交渉をしなければなりません。これは被害者にとって過大な負担になります。

被害者が自分で交渉することにより、賠償金の金額を不当に下げられて不利益を被る可能性もあります。
自費で弁護士を依頼すると、高額な弁護士費用がかかるのでそれもできない。小さな交通事故の場合、自費で弁護士を依頼すると、ちょっとしたことでそれなりの金額がかかることも。

ここで、弁護士特約を使って弁護士を依頼すると、自己負担がなくなり便利です。

 

人身傷害での車外事故の補償:
他の自動車に搭乗中の事故や歩行中や自転車を運転中など車外での自動車事故にも対応しているかどうかで安心が違います。

 

これらの補償は記名被保険者、記名被保険者の配偶者、どちらかの同居の親族、どちらかの別居の未婚の子など対象範囲が広いケースがあります。

 

自動車保険は安ければいいというだけではなく、自分が必要としている補償がしっかり付いていてしっかり出るのか、サポートなどの対応がいいのか等を観点に検討する必要があります。

詳しく検討したい方はこちら

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ
ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00 ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00