ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

お問合せ 0120-633-122
ご契約者さまお問合せ 0800-800-8824
自活はじめてますか? 20代、30代の単身者の方は、自分に対しての備えが必要です。
自活はじめてますか? 20代、30代の単身者の方は、自分に対しての備えが必要です。sp

自活とは
日々の生活やみなさんが描く将来設計、万が一のケガや病気に備え計画を実行していくことです。

ケガ・病気や収入現のリスク

 

20代・30代は女性の方が医療費の備えが必要かも・・ケガ、病気の入院や手術などの備えは出来ていますか?

悩む20~30代女性

20代・30代の方はスキースノボ、ランニングやジムでのトレーニングなどをされるアクティブな方は男性も女性もケガへの備えは必要です。
一方で、大きな病気にはかかりずらく、病気での入院手術などへの備えは必要ないように思われがちですが、実はこの年代は男性よりも女性の方が備えが必要です。
女性の場合は乳がんや子宮頸がんなど、20代・30代の若い女性がかかりやすい重篤な病気もあります。乳がんは、25歳から徐々に増え30代後半から急増します。
25歳を超えたら備えの検討をおすすめします。(下記グラフ参照[出典]厚生労働省「平成26年 患者調査」)

ガンの罹患率

ガンなどの病気・レジャーでのケガへの備え一緒に検討してみませんか?
女性スタッフへの相談もできます。


医療費だけでは済まない。病気やケガで働けない時の生活費の備えは万全?

松葉杖とサラリーマン

じつは、病気やケガでの通院,入院や手術などにかかる診療費への備えだけでは十分ではありません。

就業中の事故でない限り労災はおりませんので、一定期間働けなくなったときに、病気やケガで働けなくなると治療にかかるお金だけでなく、日々の生活費や住居費への備えが必要です。

ご両親や親族の方が困らないように、最低限の備えを準備しておくことをおすすめします。

生活費例

お金がかかるのは、治療費ばかりではありません。もし働けなくなるとその期間収入がなくなり、貯金を切り崩したり、ご両親に相談しなければいけなくなるかもしれません。

もしもの際の生活費の備えは充分か一度チェックしてみませんか?お気軽にご相談ください。


若い単身者の方でも、万が一のときの葬儀費用の準備は必要です。

葬儀費用

考えたくはありませんが、万が一のときご両親や親族の方が困らないように、最低限の葬儀費用などを準備しておくことをおすすめします。
葬儀費用の目安としては、下記をご参考ください。
全国平均は156.1万円となっています。
日本消費者協会2014年調べ
葬儀一式費用と通夜からの飲食接待費の合計
※沖縄県のデータはありません。

全国の葬儀平均費用

単身であっても、万が一の準備は最低限必要です。
不安なことなどがあれば、お気軽にご相談ください。