ほけんの相談見直し保険代理店の保険診療所。おすすめの厳選した保険会社から最適な保険をご案内します。

お問合せ 0120-633-122
ご契約者さまお問合せ 0800-800-8824

生命保険について

3世代家族

「生命保険=死んだ時の保険」と思われている方も多いですが、ウィキペディアによると「人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険」と記されています。

つまり、死亡保障から病気やケガの入院・手術、がん保険、介護保険、年金保険、学資保険など全てが「生命保険」に属します。

ちなみに「傷害保険」はケガのみを保障する保険です。したがって同じ入院保障でも、生命保険の入院保険より保険料が安くなります。また、生命保険のように年齢や性別による保険料の違いもありません。

傷害保険は病気で入院しても保障されません。加入する時には十分注意しましょう。

主契約の種類
定期保険

保険期間は一定でその間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。

●満期金はありません(掛け捨て)。

●保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険

金額が増えていく逓増定期保険もあります。

終身保険

死亡した場合に、死亡保険金が受け取れます。

保険期間は定期保険と異なり一定期間ではなく、一生涯(終身)死亡保障が続きます。

●満期はありません。

●保険料の払込期間が一定年齢または一定期間で満了する「有期払込タイプ」と一生涯払い続ける「終身払込タイプ」があります。

●保険料払込期間(低解約返戻金期間)中の解約返戻金の水準を低く設定することで、通常の終身保険より保険料を低く抑えているタイプもありあます。

●保険料払込期間が満了すると、そのまま死亡保障を継続するほか、老後の年金や介護保障などに保障内容を移行できるタイプもあります。

養老保険

保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存していたときには満期保険金が受け取れます。

●死亡保険金と満期保険金は同額です。

保険相談ご予約受付中。どんなご質問やご相談でもお気軽にご相談下さい。